妊娠線のメカニズム|オイルを使って妊娠線を防ぐ

女の人

化粧品で解決

妊婦

現在、妊娠線を予防するクリームが人気があります。妊娠の初期から全身に塗り続けることで妊娠線が生じるのを予防することができます。また今後は、女性が購入したくなるような香りを配合したクリームの発売がされていくと予測されます。

More Detail

出産後に後悔しないために

微笑む女性

発症するメカニズム

妊娠中は、妊娠線に気を付ける必要があります。特に高齢になっての妊娠中は、妊娠線になりやすい特徴があります。高齢出産が多くなっている現代の日本では、多くの方が妊娠線に悩まされています。妊娠線ができてしまうと完全に元に戻すことは難しいため、適切なケアをするようにしましょう。妊娠線を適切にケアするためには、その発症メカニズムを知ることが重要です。妊娠線が発症してしまう原因は、急激に肌が伸びてしまうことにあります。肌の表面は急激な伸びに対応することができますが、真皮層は急激な伸びに対応できません。急激な伸びに対応できないために、真皮層や真皮層に含まれるコラーゲンが断裂を起こし、その断裂が赤紫色の線として表面に浮き出てしまうのです。

予防するための2つの方法

妊娠線を予防するためには、2つの方法により対応することができます。1つ目の方法が、医師の体重指導に従うことです。急激な体重増加は、より肌を伸びさせる原因となります。真皮層への負担を抑えるためには、肌の伸びを抑制することが重要です。体重増加はおおよそ8kg〜10kgが目安であるため、体重指導通りに体重をコントロールしましょう。2つ目の方法が、真皮層に潤いを与えることです。特に真皮層に存在するコラーゲンを補うことが重要です。コラーゲンは、真皮層の細胞間をつなぎ合わせる役目を果たしています。細胞間をつなぎ合わせる効果を高めることで、妊娠線になりにくい真皮層にしてくれます。お腹が大きくなり始めた頃から、コスメでお腹の肌に潤いを与えるようにケアしましょう。出産数日前が最も妊娠線が発症しやすい時期であるため、最後まで油断しないことが肝心です。

出産後、後悔しないために

お腹

妊娠後お腹が大きくなるにつれてできる妊娠線は、一度できてしまうと消すことが難しいため、妊娠中からしっかりとケアをすることが重要です。毎日、妊娠線予防クリームやオイルをマッサージしながら塗ることが予防に効果的です。

More Detail

マカダミアナッツが良い

妊婦

マカダミアナッツオイルは、人間の肌に存在する油分に似ています。そのため妊娠線にも効果的です。使用し続けると、できてしまった線も目立たなくなります。改善させるには、規則正しい生活も大切です。栄養バランスの良い食事や質の良い睡眠を心がけるようにしましょう。

More Detail