妊娠線のメカニズム|オイルを使って妊娠線を防ぐ

女の人

出産後、後悔しないために

お腹

出来る前に予防する意識

妊娠中の女性にはさまざまな体の変化が起こります。その中に妊娠線があります。妊娠線とは、妊娠してからお腹の中で赤ちゃんが成長するにつれて、お腹、太もも、お尻にできるひびわれのような線やしわのことです。妊婦の中でも、肌が乾燥していたり、急激な体重増加がある人にできやすいです。出産後も妊娠線が消えず、あまりにもひどい人は、プールや海などで水着を着ることができない、温泉に入ることができない、家族に見せることをためらってしまう人までいます。まったくケアをしなくてもできない人もいますが、妊娠線は一度できてしまうと消すことが大変困難なため、妊娠して、お腹が大きくなる前または大きくなり始めるころからケアをして予防することが重要です。

効果的なクリームやオイル

妊娠線予防のためのクリームやオイルは数多くあります。中でも、お腹が大きくなり始めるもしくはなり始めた5か月ごろから使い始める人が多いため、胎児と母体の安全を考えた無添加で体に優しい商品が人気です。また、妊娠中は臭いが気になる人も多いため無香料の商品も人気です。塗った後の感覚がさっぱりする方がお好みの方はオイルよりクリームを使用しますし、伸ばしやすく塗りやすいオイルの方が気に入る方もいます。基本は、毎日お風呂上がりにマッサージをしながら、お腹、お尻、太もも、鎖骨に沿ったリンパのあたりなどに塗っていきます。ただ、塗るよりもマッサージをすることでより一層効果があり、リフレッシュ効果もあるのでおすすめです。